前へ
次へ

赤坂の韓国料理と唐辛子は切り離してはいけないものです

赤坂の韓国料理と唐辛子は切り離してはいけないものです。赤坂の韓国料理は中華料理と日本料理と比べると、唐辛子はすごく用いています。彩りと辛味を添えて、食欲を呼び出す欠けない食材です。赤坂の韓国料理のソースつまり辛いタレはすごく有名です。赤くて辛くて甘いソースをご飯のうえにのせるだけで、美味しくいただけます。そのソースには唐辛子はすごく役立ちます。韓国にはもうそのソースを辛さによって、微辛から超辛までの五つランキングに分かれています。それは便利ですよね。始めてしかも辛さに弱い方は微辛から挑戦しましょう。中国の四川料理は痺れるほど辛いです。その激しさは耐えられませんよね。赤坂の韓国料理も辛いです。でも四川料理の辛味とはちょっと違います。衝撃の激しい辛味ではありません、後できいてるタイプで、気を付けてくださいね。

赤坂の韓国料理キムチを作りましょう

一緒に赤坂の韓国料理キムチの作り方を学びましょう。2011年キムチは韓国の代表名簿に入りました、更に世界中の人々へキムチを推薦しますように、もう世界遺産を申し込みました。赤坂の韓国料理キムチは最初中国から伝わりました、改善を経てどんどん流行ってきました。だから作り方は中国の漬物はちょっと似ています。まずは食材を用意しましょう。白菜1.5キロくらい、にんにく二個、生姜50グラム、人参1本、大根0.5本、もち米の粉50グラム。調味料の方はリンゴ或はなし一個、唐辛子の粉100グラム、砂糖50グラム、塩15グラム。個人興味で食材と調味料を増えることもよろしいです。白菜に塩を塗って4時間を浸す。他の食材とリンゴを細かく切って、もち米は電子レンジの中に30秒高火で糊になります。そして調味料と食材を混じって、冷蔵庫の中に二三日置けば出来上がります。

Page Top